会社のパソコン、おかしくないですか?

 「パソコンを会社で導入したことで多くの業務が効率化した」と、多くの方が考えています。
 ただ、おかしなことが多いのです。
 
 「担当者が不在のときは情報が手に入らない」とか、「共有フォルダの何処にどんな情報を持つファイルがあるのか分からない」と、いったことです。
 パソコンはコンピューターですので情報処理装置です。
 この装置を一人一人が用いるようになって、「この程度の情報を処理できない」というのは「おかしいこと」ではないでしょうか。

 弊社は「現状の組織のパソコン運用がおかしい」ことを前提として、「本来のあるべき姿」や、それを実現するための「ソフト」や「運用方法」をご紹介しています。

組織に於けるパソコンの特異性

 
 パソコンはその呼称からも分かる通り、パーソナル(個人)向けのコンピューターです。
 その個人向けのコンピューターを、多くの組織が導入するようになりました。
 
 その際の問題点ですが、パソコンは個人向けのコンピューターとして生まれたことから、組織の運用に必要な「情報の共有」との考えを持ち合わせていません。
 そのために情報の共有が容易なデータベースではなく、情報をファイルに保存することが一般的です。
 
 ファイルには「数の概念」があり、「もの」のような性質を持っています。
 このファイルの特性が、組織での運用を難しくしています。

「本来こうあるべき」とのイメージ

   
 パソコンの運用は「本来こうあるべき」とのイメージを持つことが、運用改善の出発点となります。
 ただこれは難しいことです。「空を飛んだことのない鳥に、空を飛ぶイメージを持ちましょう」と、言うようなものだからです。
 
 皆さまも同じです。 パソコンは優れた情報処理装置ですが、「パソコンとはそういうもの」といった常識では、「本来はこうあるべき」といったイメージを持つことが難しいのです。

 そこで、私たちの考える問題解決手段と、その運用例を以下に挙げました。
 
 

新たなファイルの管理ソフトのご提案

 私たちはファイルの管理には「整理整頓」が役立つと考えました。
 そこで『Kami技』という本棚の形をしたファイルソフトを開発しました。


 パソコンに整理整頓なんて・・
 パソコンは従来のコンピューターと違い、データベースではなく、ファイルに情報を保存することが一般的です。
 コンピューターの利点は「情報量が増えても一瞬で処理する」ことですが、パソコンでは、情報量が増えるとファイルの数が増えて探すのが大変になります。
 
 これは、ファイルには「数の概念」があり、「もの」のような性質を持つためですが、そのために従来のコンピューターの常識が通用しません。
 私たちは、この厄介なファイルの管理には、「もの」を探し易くするメカニズムの「整理整頓」が役立つと考えました。

 しかし、整理整頓が上手くいかないことが多いのです。それは、以下の二つの問題があるからです。

自宅のパソコンと同様の使い方をしていませんか?

 多くの会社さまが、パソコンの管理を個人に任せています。この場合には、社内のファイルを整理整頓するのが難しくなります。
 「任す」というのは、「任された人が、自身の判断で行動することを許可する」ことですので、担当者の指示よりも「自身の判断」を優先させてしまい勝ちだからです。

 これではファイルの整理整頓はできませんので、パソコン使用者のプライベート感覚の運用を見直して、組織の本来の姿である「ルールに則った運用」が必要になります。

ファイルの整理整頓には適したソフトが必要です

 整理整頓は、分類により「ものを探す手順」を効率化するメカニズムです。
 機能するのは、「整理された状態」から、探す人が「整理の仕方」を読み取れた場合です。
 その際には、分類のカテゴリーや、下層の分類との関連性を理解しているので、総当たりではなく、分類から次の分類に直線的に移動して、ターゲットを絞ることができます。
 
 ところが、従来のファイルソフトは、フォルダの構造が複雑な場合には、「整理の仕方」を上手く伝えられません。
 ファイルの整理整頓には「分類方法」がシンプルで「整理の仕方」を伝え易い、『Kami技』のようなソフトが必要と考えたのです。
 
 ※ファイル管理の問題点と解決手段を、別途「本棚ソリューション」で詳しくご説明しています。

 オフィスに電子本棚をお勧めいたします

 多くの企業様が導入して成果を上げています
 (ネットワーク環境が必要です。出荷時同時接続数10台)

動画による電子本棚のご紹介

お客様の言葉が全てを物語っています

 文書管理の電子化の試みは何度か検討しましたが、導入するには高額なソフトウェア投資を必要とする一方で、操作インターフェースは複雑そうな雰囲気があり、製造現場における作業者全員に広く普及させることの困難さが予想されたことから、導入に二の足を踏んできました。
 一年程前に『Kami技試用版』をご提供いただき試験運用を行った結果、「本棚と本」という分り易いグラフィック・インターフェースが製造現場に好評で、試験運用で省力化と ペーパーレス化にも大きな成果が期待できるとの結論を得て、このたび本格的な『Kami技』の導入に至りました。 
                               お客様の声「株式会社ミラプロ様」

皆さまの疑問にお答えいたします

  • 私たちはオリジナルソフトを開発している会社です
  • 「操作を覚えなくても使える」と、お客様に評判です
  • 新しいコンセプトによるコスパに優れたソフトです
  • サポートセンターは、お客様に心のこもった質の高い支援をしています
  • Kami技の機能を簡単にご紹介いたします
  • こんな用途にお使いいただいています

    事務所での利用例


     
    社内ファイルの管理に

     従来なら探すのが難しかった社内ファイルを、電子本棚に整理する習慣にしたことで、必要な人が必要な時にファイルを利用できるようになりました。
     
     
     
     

    製造現場での利用例


     
    部署間のファイルの共有に

     設計部門が品質検査仕様書を電子本棚に整理したことで、品質検査の現場では仕様書の確認が容易になり、業務の効率化が図れました。
     
     
     
     

    税理士法人での利用例

     

    省スペースと利便性の向上に

     オフィスのスペースを圧迫していた大量の書類を、スキャニングして電子本棚に整理したことで、省スペースの実現だけでなく、書類の情報を容易に利用できるようになりました。
     
     
     

    幼稚園での利用例


     
    ファイルの再活用に

     お父さんやお母さんへの「お知らせ書類」のファイルを、各クラスの保母先生と共有したことで、ファイルの再活用により書類作成業務が楽になりました。
     
     
     

    フリーで提供しています、お使いください

     ディスプレイの中に本棚を作ってファイルを整理するとファイルを見つけやすくなります。
     自宅でも楽しめるよう、ネットワーク機能を省いた Kami技(個人向) をフリーで提供しています。
                ■
    フリー版のセットアップファイルの取得は こちら
     
     ※『Kami技』は業務用ソフトですのでインストールが複雑です。パソコン操作が苦手でインストールが困難と思われる方は、フリーダイヤルにご連絡いただくか、 セットアップ支援申請フォーム より申請下さい。
     オペレーターが無料で遠隔操作によるセットアップのお手伝いをいたします。

     

    Kami技(組織向)1.6万円

     
     インストールや設定・導入指導等を含んだ「Kami技(組織向)導入セット(9.9万円)」に加え、ソフトウェア単品のみをご提供する「Kami技(組織向)(1.6万円)」をリリースしました。
     
     Kami技(組織向)は、大手企業の本社様やスーパゼネコン様にお使いいただいている、実績あるクライアントサーバー型のファイルソフトです。目一杯ご活用ください。
                 Kami技(組織向)1.6万円のお求めは こちら

    『Kami技』製品のご案内

    Kami技(個人向)
     自宅でファイルを整理して楽しめるよう、ネットワーク機能を省いてフリーで提供しています。
     専用ページはこちら

    Kami技(組織向)
     電子本棚をネットワーク環境下で共有する仕組みです。ファイルの管理と共有に役立ちます。
     専用ページはこちら

    skycabinet(クラウドサービス)
     クラウド上で共有することの出来る電子本棚サービスを運営しています。 
     専用サイトはこちら

    最新情報

    ukatte