費用を掛けずに対応


 電子帳簿保存法の改正により2022年1月より一部の請求書や領収書の電子データ保存が義務付けられました。
 これにより、事業者はPDFやスキャニングしたファイルの管理が求められるようになりました。

 この法改正に対応すると、今後増えると思われる大量のファイルを管理する必要があります。
 

 ただ、ファイルは数が増えると探すのが難しくなるという問題があるので、これを解決せずにファイルを増やすと収拾がつかないことになります。

 Kami技 の性質は電子帳簿保存法の改正に伴うファイルの管理にピッタリですのでお勧めです。
 また、コストが掛からないのもメリットですのでチャレンジ下さい。

安定した製品

 もともとは、当社のメインプロダクトである土木技というソフトのファイル管理箇所を切り出したソフトで現在もソースを共有しています。
 そのため、新OSや障害対応を継続的に行っており、北海道から沖縄まで、多くのユーザーが利用しているソフトなので、角の取れた安定した製品です。
 
 また、Kami技 は国土交通省のNetis製品に認定されています。「有用な新技術の普及・促進を目的とした仕組み」とのことです。

サポートについて

 ダウンロードした皆さんが、コストを掛けずに利用できるよう、「サポート情報」ページに技術情報を詳しく掲載しています。
 弊社はソフトメーカーですので創業期よりサポートセンターを設置しています。もしも「サポートセンターを利用したい」ということでしたら、連絡いただければ対応します。有料サポートについては「サポート情報」ページに記載しています。